Top > 消費者金融の過払い金対応 > アイフル過払い

アイフル過払い

アイフルは2009年に、2800億円の負債を抱え事業再生ADRの申請を行った。

それまでは訴訟なしで満5+5取れることが多かったが、
ADR申請後は訴訟なしでの過払い金満額回収は難しい。
さらにかなりの減額を要求してくる。

裁判の判決になれば今のところ満額戻ってくるが、
裁判・和解ともに長期戦になる可能性もある。

今現在のADRでの再建が失敗すればアイフルが破たんする可能性も大いにあるので、
早めに司法書士に相談をする方が良い。


取引履歴請求の体験談

アイフルと昭和58年から取引がありました。
過払い金請求をしようと取引履歴を取り寄せたところ、
取引開始の昭和58年から平成11年までの履歴が残っていないようで、
平成11年?13年までの履歴しか開示されませんでした。

時効になってしまうため焦っています。

(2009年3月 教えて!gooより)

プロに依頼するなら↓

債務整理激安事務所

自力で解決するなら↓


過払い金返還請求完全マニュアル(ビデオ編)

@債務整理 費用の格安ランキング!