トップページ > 取引履歴開示について >  取引履歴開示請求

取引履歴開示請求

過払い金請求や債務整理をするときにまず、
お金を借りた業者から取引履歴を取り寄せる必要があります。

取引履歴には、
取引をした日付と金額などが記録されています。

法律により、
業者は取引履歴を開示する義務があります。

取引履歴開示請求したのに、
開示を拒否されたり、
昔の分の取引履歴を破棄したと言って一部の履歴しか開示しない業者もありますがそれはすべて法律違反です。

取引履歴の開示請求のやり方は業者に直接電話をするか、
請求書を郵送するだけです。

また店頭に行って直接請求してもOKです。
業者のHPでも申請を受け付けているところもあるのでチェックしてみるといいです。

履歴の開示請求は個人でも簡単にできますが、
個人だと相手にしてもらえなく、
長い間無視されたり、
開示を拒否される場合が多くあるのでまずは専門家に相談して依頼することをお勧めします。

取引履歴の開示を拒否された場合は、
弁護士や司法書士に依頼した場合それに対する慰謝料も請求することができます。

また、
取引履歴を開示されたと言って安心はできません。

業者の都合のいいように、
履歴を改ざんされているケースもあります。

もちろんこれも法律違反です。

被害に合わないためにも、
ATMの明細書や通帳など、
少しでも記録を探しておくと良いです。
銀行では過去の取引を記録しているため、
窓口で請求すれば古い通帳の内容も手に入れることができます。




プロに依頼するなら↓

債務整理激安事務所

自力で解決するなら↓


過払い金返還請求完全マニュアル(ビデオ編)

目次

     | トップページ | 
    @債務整理 費用の格安ランキング!